額縁・表装・絵画・額縁修復のことならがくぶち屋の雪山堂

浦和店
10:00~20:00 
年中無休(コルソ公休日を除く)
本店・工房
9:00~17:00 
土・日曜・祝日定休

setsuzando

力士手形 和額 修復・仕立て直し

古い和額装の修復・仕立て直しをしました。 額装は昔ながらの組子(骨組み)に袋貼パネルに裏打ち・覆輪巻き(作品の周りの縁取り)をしておりました。

古い額にはガラス等が入っておりませんでしたので、シミや汚れがあり、特に作品の右下部分には、作品糊付けの下から布地色が染みだしてきた(と思われる)シミ取りが厄介でした。

お客様の当初のご要望は現物の額縁はそのまま使用し、作品の破れと布張替でした。

しかしながら昔の和額の縁掛り(ガラス等が引っかかる部分)が非常に短い(薄い)ので、この現物の額縁を使うには大変な作業(縁に溝を掘ったり、裏側にも更なる加工が必要)になることを説明をし、額縁は新しいものを作りことになりました。

また、下の布地色が染み出た(であろう)部分の補修には、全体のバランス(全体との色落ちのバランス)に注意を払いながらの作業でしたので大変でした。

下の布地の色が染み出た部分の補修をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です