額縁・表装・絵画・額縁修復のことならがくぶち屋の雪山堂

浦和店
10:00~20:00 
年中無休(コルソ公休日を除く)
本店・工房
9:00~17:00 
土・日曜・祝日定休

setsuzando

マリメッコのファブリックパネル

marimekko(マリメッコ)のファブリックパネル

 

 

お客様からのご依頼で、マリメッコの大判生地を

パネルに仕立てました。

 

 

お預かりしたのは、マリメッコの代表的なウニッコ(ケシの花)模様の

生地2点で、赤と青の鮮やかな対比が素敵です。

 

 

赤いウニッコ
赤いウニッコ
青いウニッコ
青いウニッコ

 

 

 

まずは、生地のしわを伸ばします。

アイロンでワイシャツのシワを伸ばすように、若干の湿りを入れて

工房にある大きなアイロンでシワを取ります。

 

湿りを入れ、伸ばす途中
湿りを入れ、伸ばす途中

 

 

 

 

 

 

 

今回はファブリックパネルということで、

木製のパネルに生地を張り込んでいきます。

 

木製パネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルに直貼りすると、生地の白い部分から木目が透けて見えたり

時間が経つにつれて、木のアクが出て生地にシミができてしまったりするので

厚手の丈夫な「鳥の子紙」を下張りしました。

 

 

 

鳥の子紙を張ったパネル

鳥の子紙を張ったパネル

 

下準備が整ったら、シワを伸ばしておいた生地を

弛まないように張り込んでいきます。

 

(黙々と作業していたため、張り込み中の写真を撮り損ねました……!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルの角も丁寧に折り込みます。

 

 

 

裏面はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

紐で掛ける場合は画像のように取り付けます。

 

 

ただし、紐で吊るすとパネルが手前に傾いてしまうため

壁にピッタリつける場合は「直付け金具」というものを

用いると良いでしょう。

 

 

直付け金具
直付け金具

 

施工例
施工例

 

 

 

 

完成(ラッピング済み)
完成(ラッピング済み)

 

2枚ともパネルに仕立てたら、透明なビニールで綺麗に

ラッピングして、お客様へのお渡しまで大切に保管しておきます。

 

 

 

当店では、額装はもちろん、布や写真のパネル仕立ても

承っております。

額縁に入れずに作品を飾りたいという方でも、安心して

ご相談くださいませ。

 

ご来店、お問い合わせお待ち申し上げております。