額縁・表装・絵画・額縁修復のことならがくぶち屋の雪山堂

浦和店
10:00~18:00 
年中無休(コルソ公休日を除く)
本店・工房
9:00~17:00 
日曜・月曜定休

setsuzando

額縁の飾り方⑥(賞状額)

表彰状・感謝状・認定証・免状等を入れるための額縁を

賞状額というククリでご紹介致します。

卒業証書をイメージしていただくと伝わりやすいと思うのですが。

だいたい持ち帰る際に丸めて「筒」に入れます。

そのまま、出す事もない・・・・。

せっかくですから額に入れて飾ろうかな?

ここで額縁が必要になります。

なんとなく「A3くらい」かな?て、そんな時。

寸法をご確認ください。

A3ジャストサイズの賞状もあるのですが

賞状は、同じくらいで微妙に違う規格サイズが多くあります。

また、どの規格にもあてはまらない証書、免状もあります。

海外で発行されたほとんどの物が日本で流通していない

サイズの場合も多いです。

なので、額縁を購入し「いざ」入れてみようとしたら

「あれ?」

となる事が多いようです。

実物をお持ちになっていただければ間違いないです。

【いろいろな賞状額装】

↑「金ラック」という額縁です。

わりと昔から続くデザインなので多くの所で見かけると思います。

↑「勲記勲章額」という額縁です。

かなり立派な専用額縁です。

【オリジナル額装】

賞状用の額縁で飾るのも「それらしく」て良いのですが。

もう少しカジュアルに飾りたい方もいらっしゃいます。

額縁とマットの組み合わせで印象は、かなり違ってきます。

賞状の内容や飾る場所、ご自身の好みに合わせて

仕立ててみるのも良いと思います。

↑オーダーフレームとデザインマットの組み合わせです。

雪山堂では、アイテムに合わせた額装の

ご相談から作成まで承っております。