額縁・表装・絵画・額縁修復のことならがくぶち屋の雪山堂

浦和店
10:00~18:00 
年中無休(コルソ公休日を除く)
本店・工房
9:00~17:00 
日曜・月曜定休

setsuzando

日本画の額装(和額)

日本画家の「佐藤宏三」先生

知り合いの作家さんが展示会等を浦和で行っていると

コルソ店にもフラッと立ち寄ってくれます。

「今、描いている作品の額装について」ご相談を受けました。

今回依頼されている作品の額装には、こだわりというか、

こんなふうにしたいんだよねぇ。

と構想があるらしいので実際の部材や様式を

見ながら話しましょう。

と、別日に工房でイメージを確認する事になりました。

↑「三升」のイメージ

↑実物の緞子(どんす:表装用の布)を先生に選んでもらいました。

↑フェイスブックページから作成中の画像を拝借しました。

作品が描きあがるまでを詳しく知りたい方は

佐藤宏三先生のフェイスブック→コチラをご覧下さい。

↑作品と部材の写真を合成して完成イメージを

作ってみました。

コレを先生に見ていただき、イメージにズレが

無いか?を確認しました。

そして・・・

↑完成した実物です。

今の我々がいなくなっても後世に残る作品だと思います。

その中では、短い時間ですが作品を引き立てる

額装に仕上がったと思います。

オーナーさんのはからいもあって

「二人展」で一般公開の予定です。

佐藤宏三先生のフェイスブックでご確認ください。