額縁・表装・絵画・額縁修復のことならがくぶち屋の雪山堂

本店・工房
10:00~18:00 
日曜・月曜定休

setsuzando

ひとめ惚れが、、わが家に!

2020年秋

さいたま市緑区にある隠れ家的な素敵な古民家カフェ

「 ギャラリーカフェ History 蔵 」様において、

 

他の方々ともご一緒させていただいて行った雪山堂の展示イベントでのこと。

 

お客様 I 様が一目惚れされたのは・・・

 

・・・憂いのある美少年の額装

 

仏像にご興味のある方は、ピンと来たかもしれません!

世界遺産の一つ、興福寺にある「阿修羅像」です。

ギャラリーカフェ History 蔵さまでのイベントの際、阿修羅像のフィギュアを立体額装して展示しておりました。

 

阿修羅像(フィギュア)  この表情 何が見えているのでしょう

 

 

興福寺は、奈良七大寺の一つに数えられ、法相宗大本山の称号を持つ由緒あるお寺

今から1200~1300年前、奈良の平城京に都が置かれた時代に、この場所に建てられました。

 

阿修羅像も、同じ時代に作られたと考えると、とても感慨深いものがあります。

 

 

I 様の興福寺国宝館のイメージ 額とマットなどセンスが光ります

 

 

阿修羅像とともに額装をご依頼されたのが、法隆寺大宝蔵院の百済観音堂に安置され国宝に指定されたスラリとした佇まいの「百済観音像」

百済観音像(フィギュア)

 

額の雰囲気や背景の緞子(どんす)により、百済観音像が更に引き立てられています

 

 

先日ご来店された I 様

断捨離された書籍の間、本棚に程よく収まっているお写真を見せていただきました。

 

大切にされている姿を拝見し、みんなでほっこり笑顔

お陰さまで、雪山堂は癒しのあたたかい空気に満たされました。

 

ある日の雪山堂でした。

I 様ありがとうございました。