額縁・表装・絵画・額縁修復のことならがくぶち屋の雪山堂

浦和店
10:00~20:00 
年中無休(コルソ公休日を除く)
本店・工房
9:00~17:00 
土・日曜・祝日定休

setsuzando

Q: 額縁の主な種類

デッサン縁……水彩画や版画など、薄手の作品を入れるのに適しています。

薄手のものであれば、刺繍などの布作品も入れることが出来ます。

 

油縁……油彩画や日本画など、厚みのあるパネルに描かれている作品を

そのまま入れて飾ることが出来ます。通常は額にセットするとパネルの

一面(オモテ面)しか見えませんが、ボックス額(箱額)を使用すれば

パネルの側面を見せて額装することもできます。

 

和額……和紙に描かれた書画などを飾るのに適しています。薄手の

和紙作品の場合、一度作品に裏打ちを施してから、額付属のパネルに

張りこむ作業が必要になります。

 

色紙額……規格サイズの色紙がピッタリ入る額です。サイン色紙などで

よく使われる≪大色紙≫や大色紙の1/4サイズの≪寸小庵≫が主な

規格サイズとなっております。

フォトフレーム……L判やキャビネ判など、写真屋さんで現像できる

規格サイズのものが入るフレームです。ほとんどのものが壁掛けと

立て掛けの両方に対応しています。規格サイズですとL判~六切りまで

対応しており、その他L判以下のミニサイズもご用意しております。

六切り以上はフォトフレーム以外の額縁にてご案内いたします。

ポスターパネル……ポスターなど、薄くて大きいものを入れるのに

適した額です。薄く・軽く作られているものが多いので、長手1m前後の

ポスターを入れてもさほど重くはなりません。また、表面のダスト

カバーにはガラスではなく塩ビ板やアクリル板を用いることがほとんど

ですので、割れて飛び散る危険が少ないです。

 

立体額……立体物を入れることが出来る額縁です。サインボールや

赤ちゃんの靴など、大切に残しておきたいものを入れることが出来ます。

装飾のある額縁に奥行を加えたものや、全面アクリル製の箱があり、

中のものに応じてサイズオーダーで御作りすることが出来ます。

 

賞状額……賞状の規格サイズに則って作られた額縁です。賞状には

≪尺七≫や≪六七≫、≪大A3≫などの規格があり、お手持ちの賞状が

規格サイズに当てはまればそのままセットすることが出来ます。仮に

規格に当てはまらないサイズだったとしても、賞状の余白をカットしたり、

マットを入れることで隙間なく綺麗に入れることが出来ます。

勲記勲章額……国から授かった勲記や勲章を納めることのできる立派な

額です。勲記のみ入れることが出来るものから、勲記と勲章をセットで

入れることのできるものもあります。

 

ユニフォーム額……サッカーやアメフトのユニフォームを飾ることが

出来る額です。胸元のチームロゴをメインに見せる小さめのケースから、

ユニフォーム全体を見せて飾ることのできる大きなケースまで扱って

おります。また、サイン入りユニフォームなどで、胸側と背中側の両方を

見せることが出来る、両面アクリル仕様にも対応しております。