額縁・表装・絵画・額縁修復のことならがくぶち屋の雪山堂

浦和店
10:00~20:00 
年中無休(コルソ公休日を除く)
本店・工房
9:00~17:00 
土・日曜・祝日定休

setsuzando

こどもはリトルアーティスト

子供はリトルアーティスト
額装して永遠に残る作品に

子供の描いた大切な絵をアートにして飾ってみませんか?
お子様の画いた絵の保存ってどうしていますか?
何の絵かわからないぐちゃぐちゃの絵、捨ててしまっていますか?
でも捨てる前にちょっと待って。
子供の絵はフレームに入れると驚くほどに引き立ちます。 お子さんの絵が素敵なアート作品になるんです。

process1

作品を隅々まで見せられるような額装に

お子さんの作品は「自由奔放」です。ですので、画用紙ぎりぎりに描かれている場合がほとんどです。その作品の際まで最大限見せるように配慮致します。また、画用紙が破れている場合は裏打ち補修も出来ます。

子供の絵

process2

額縁などの色は、飾る場所の色調も考慮

作品を飾るご自宅の場所の様子(壁色、家具の色調とう)をお伺いしたのち、額縁とマットのお色をご相談しながら打合せをしてゆきます。その際に色々なご要望も伺います。

process3

打ち合わせに沿って採寸から額装を開始

額縁とマットが決まれば、その打合せに沿って採寸をしてゆきます。額装の開始です。

額装している様子

process4

お子さんの個性を活かした額装が完成

お子さんの作品の個性を活かした額装をお部屋に飾れば、家族・親戚・友達の会話がより弾みますよ。

飾った様子

POINT!

子どもの「思い」や「頑張り」を額装に

子供たちの絵を単なる「子どもの絵」として扱っていませんか?
子どもたちが一生懸命に描いた「思い」や「頑張り」をきれいに額装しましょう。お部屋に飾り家族みんなで観て、それを日々の会話の中でおしゃべりすれば、子どもは嬉しく思い、期待されていることを力とし、能力がより伸びてゆきます。

LOOK!